【日本遺産】小松市の石の文化を辿る。

加賀・小松お寺、神社体験学ぶ、見学文化、歴史日帰り自然

開催日 水曜日を除く平日(埋蔵文化財センターがイベント開催時は対応不可)
催行人数 2名~30名
料金 小型タクシー(4名乗り) お一人様7,500円~
締め切り 3日前迄

平成28年『珠玉と歩む物語』小松~時の流れの中で磨き上げた石の文化~が日本遺産に認定されました。
日本遺産になった小松市の石の歴史を感じれる見所を1日で巡れるハイライトツアーです。

  • 1日目

    小松駅

  • 埋蔵文化財センター

    勾玉づくり体験

  • 滝ヶ原石切り場

    数多くの石切り場から切り出された石材は、市内の建造物をはじめ、国会議事堂や甲子園会館など、
    全国の数々の有名建築物にも使用されています。
    市内中心部の趣のある町家には多くの石蔵が残り、美術館や飲食店などにも利用されています。

  • アーチ型石橋群

    滝ヶ原地区には明治期以降に作られたアーチ型石橋が6橋残され、
    一つの地域に複数の石橋が存在する事例は全国的に見ても貴重な存在です。
    かつての石切り場跡は、石工道具で丹念に切り出した際の文様などが残り、
    幻想的な空間を作り出しています。

  • 那谷寺

    1300年の歴史を持つ白山信仰の古刹、那谷寺。
    碧玉の地層が見られる岩山に開かれた泰澄法師が「岩屋寺」と名付けた寺。
    庭園には碧玉や瑪瑙石の飛び石が配され、
    古くは近隣で採取された瑪瑙が海外への献上品として取引されました。
    白山信仰の中宮(ちゅうぐう)八院や那谷寺の奥の院である那殿観音(なでんかんのん)も
    凝灰岩の山々に建造されており、白き岩山が信仰の対象となっていたことをうかがわせます。

  • 小松駅

    小松駅東口にはドーンと見える世界最大級の巨大なダンプがあります。
    小松は、世界的な建機メーカー「コマツ」が誕生した地。
    その創業90周年を記念して、小松工場跡地に平成23年5月オープンした「こまつの杜」は小松駅すぐ側にあります。
    こちらもどうぞ立寄ってみてはいかがでしょうか?
    ※営業時間は09時00分~16時30分になりますのでツアー前にお立ちより下さい。

ツアー内容を確認する

各地観光ガイド

  • 金沢旅物語
  • 加賀旅まちネット
  • のとねっと
  • いし旅
  • 地旅

交通機関の時刻表

  • 小松空港
  • 能登空港
  • JR西日本
  • 北鉄バス
TOP